SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

細野豪志衆議院議員が自民党・二階派入りへ。


 平成最後の1月の最終日となりました。

 葛飾区内に住む女子大生が

茨城県内で行方不明になった事件は

最悪の結果となりました。

残念です。


  静岡5区の衆議院議員細野豪志

無所属のまま自民党二階派入り

するそうです。

 将来的には自民党へ入党を

希望しているそうです。

派内でも議論があるようですが、

あまり品のない話というか

節操のない話ですね。

 二階派とあまり仲がよろしくないであろう

岸田派は不快感を示しています。


 細野氏は京都生まれ、京都大学法学部卒、

佐藤幸治先生の門下のようです。

 民主党時代に旧静岡7区から出馬して

2000年に初当選しました。

 2002年は選挙区の区割り変更で

静岡5区となり

5回連続当選しています。

 民主党時代は前原誠司氏、小沢一郎氏、

菅直人氏、野田佳彦氏のもとで

党役員を務めました。

 2011年の民主党党代表選挙では

小沢氏は海江田万里氏を推しましたが、

細野氏は野田佳彦氏に投票しました。

 このあたりは機を見るに敏というか

よくいえばそうなのですが、

そうでなければ風見鶏なのでしょう。

 しかし、自分で風は吹かせることはできない。


 2012年の総選挙では、民主党は惨敗し

野田氏は責任とって辞任しました。

 細野氏を代表に推す声が党内からあがりましたが、

細野氏は固辞して、海江田万里氏が代表となり

細野氏は海江田氏を支持し、民主党幹事長になりました。

 民主党は下野した後はぱっとせず、

岡田克也氏が代表となりましたが、

参院選でも敗れ、細野氏は幹事長を辞任しました。

 民主党は2014年の総選挙では

ちょっと議席を増やしました。


 2016年に民主党は維新の党と合併して

民進党になりましたが、この辺から

野党は何がなんだか

わからなくなってきましたね。

 この時の代表は岡田克也氏ですが、

その後蓮舫氏になりました。

都議選で敗れて、蓮舫氏は代表を辞任、

ここから野党の大混乱がはじまりました。

民進党希望の党と合併することになり

消滅しました。

希望の党も消滅しました。


 細野氏は希望の党への合流時に

三権の長経験者はご遠慮いただく」

と発言し、のちに謝罪することになりました。

 社会党民主党になった時と似ているのですが、

あまりにも直截的な言い方で、

聞いた人は驚いたでしょう。

その後、国民民主党となりましたが

細野氏は不参加で無所属となりました。

立県民主党にいくわけにもいきません。

三権の長経験者」がいるのですから。


 国会議員政策担当秘書試験という

とても難しい試験があります。

レベルでいうと国家公務員総合職試験以上といわれています。

細野氏はこの試験の合格者です。

国会議員政策担当秘書試験に合格しなくても

政策担当秘書にはなれます。

しかし、この試験の合格者で国会議員になっているのは

現在10人もいないはずです。

 頭はいい方なのだと思います。

誰につくのが得なのかを考える人なのでしょう。

 政策理念は、民主党時代には

二大政党といっていましたが

かえてしまいした。

 憲法と安全保障については

細野氏は考えが自民党に近いですね。

 最初から自民党から出馬していれば

よかったのじゃないでしょうか?


 最後まで読んでいただいてありがとうございます。


未来への責任 (角川oneテーマ21)

未来への責任 (角川oneテーマ21)