SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

大学入試センター試験の結果。


  



 大学入試センター試験の一日目が終了した。

二日目も終了した。

 やはりというか「地歴・公民」の

「地理B」は難化したようだった。

他の科目は例年並みである。

「倫理・政治経済」は難しくしようもない。

理系で「地理B」選択はきついかもしれない。

「国語」も例年並み。

2問目の小説は上林暁の文章が出題された。

上林は私小説なのでわかりやすい小説家である。

古典は『玉水物語』、漢文は杜甫の文章である。

「英語」「リスニング」も例年並みの難度のようだ。


二日目の

 「理科①」は「物理基礎」「生物基礎」が難化した。

他は例年並みの難度。

「数学Ⅰ・A」も例年並みの難度。

「数学Ⅱ・B」も数列がやや難しいくらいだが

おおむね例年並みの難度だった。

数列と整数はやさしいようで難しい分野である。

「理科②」は「化学」が難化したようだ。


 「生物基礎」選択の文系と「化学」選択の理系には

きびしい結果となった。

理科というが物理以外は

新しいことが取り入れられる

科目である。


 まだ来年、一回センター試験はあるが、

新テストはどうなるか不明である。

 少なくとも大学側にとっては負担になるだろう。

忙しい時期に記述式問題の解答

の採点をしなければならないので。

知人の大学教員に「どうするのか?」と

聞いてみたら、

マンパワーでがんばるしかないですよ。」といっていた。

 試験の採点なんかいやなのが大学の教員なのである。