SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

横綱・稀勢の里の引退。

 横綱稀勢の里が引退しました。

惜しいとは思いますが、9場所休場では

しかたがないかなと思います。

それでも惜しい。


 若乃花以来の日本人横綱でしたから。

大相撲は国技ですが

ナショナリズムの強くない

競技だと思います。

モンゴル他外国出身力士が多く活躍しています。

ルーツはモンゴルからですから。


 昭和の大横綱といえば大鵬北の湖ですが、

大鵬はハーフでした。

御嶽海もハーフのようです。

 稀勢の里はどことなく顔立ちが

北の湖に似ています。

あまり話さないところも似ています。

実績はずいぶん違うのですが。

北の湖がいなくなってから

大相撲はおかしくなったような

気がします。


 稀勢の里は怪我がまさに

痛かったのだと思います。

引退した日馬富士戦で怪我しましたが

無理をして出場したのですが

やはり完全には治っていなかったのでしょう。


 元貴乃花親方は稀勢の里を応援していたようです。

角道をたしかに歩んでいると思っていたのでしょう。

 貴乃花も足を怪我して、7場所休場しました。

2001年の春場所

武双山戦で痛めたのだったと思います。

動画みても痛そうでした。

しか5月場所は無理に出場した。

貴乃花武双山とは相性がよくなかったですね。


 今場所は白鵬が優勝するでしょう。

たぶん。

PLAYBACKが続くのか

 しかし、今場所の白鵬は危うい。

大関もいつもどおりではないようです。

鶴竜の調子もよくないようです。


 貴乃花稀勢の里も現場からいなくなって

しまいました。

 稀勢の里は荒磯親方になるそうです。

親方になっても後進を指導してほしいですね。


最後まで読んでいただきありがとうございます。