SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

文韓国大統領が日本の対応を批判。

 昨日投稿しようと思った記事を。

 報道によると

 韓国の文在寅大統領は1月10日午前中、

韓国の大統領府で年頭の記者会見を行い、

日韓関係の悪化について

「日本の政治家が政治争点化し、

拡散させていることは賢明な態度ではない。」

と述べ、

日本の対応に問題があるとの認識を示した。

日韓が元徴用工訴訟判決などで対立するなか、

日本政府が日韓請求権協定に

基づいて1月9日に要請した協議には

なにも言及しなかったうえ、

具体的な解決策も示さなかった。

 文氏は「韓国政府は司法の判断を

尊重しなければならない。」とも指摘している。

韓国側の対応には問題がないと強調しつつ

日本側の対応を批判した。

 日韓関係が悪化するのは

避けられなさそうである。

 文大統領は

「韓日が新たな外交関係を結んだが

解決できなかった問題がある。

日本政府は、もう少し謙虚な態度を示すべきだ」

と訴えた。

 そのうえで、日本企業が元徴用工らに

損害賠償するよう命じた韓国の最高裁判決について

三権分立で政府は介入できない。

日本は判決に不満を表明できるが、

仕方がないという認識を持つべきだ」

と指摘した。

「政治的に争って未来志向を

妨げるのは望ましくない」とも述べ、

日本側の対応を批判した。

 文大統領は具体的な解決策については

「未来志向で、真剣に知恵を集めるべきだ。」

と語るにとどめた。

 (文大統領に限らず歴代の韓国大統領は

 未来志向がお好きですね。

 その割には過去にこだわる。)

 韓国外交省は1月9日、日本政府が要請した

請求権協定に基づく協議について

検討するとの立場を表明しているが、

今のところ何もない。

 文氏は、日韓慰安婦合意に基づいて

設立された財団を解散するとした問題や、

(日本が出した10億円の

 お金はどこにいったのか?)

海上自衛隊の哨戒機と

韓国海軍の軍艦の問題には触れなかった。


 文大統領の発言は

主客逆に、主語逆にしてみれば、

大韓民国自身に当てはまり、

文大統領が反省しているとも読めるから、ちょっと笑う。

「政治家が政治争点化し、

拡散させていることは賢明な態度ではない。」

 確かに賢明な態度ではない。


「日韓が新たな外交関係を結んだが

解決できなかった問題がある。

日本が作ったのではない。

韓国政府は、もう少し謙虚な態度を示すべきだ。」

(主語変えてみました)

韓国政府は国際法遵守の意思を示すべきだとおもう。


 「(元徴用工判決には)

 三権分立で政府は介入できない。

 日本は判決に不満を表明できるが、

 仕方がないという認識を持つべきだ」

 仕方がないどころか独立国家の主権を

認めないといってるに等しい。

大丈夫ですか?

 日韓基本条約でお互いに請求権は破棄

しているので仕方がないという認識を

韓国は持つべきである。

 請求権がある(対韓請求権はないと

確認しているが)というなら、

統治下にあった日本の財産も返却してほしい。

 さらに三権分立はそうなのだろうが、

統治行為論についてはどうのだろうか?

また、日本でいうところの最高裁長官、

韓国の大法院のトップが検察の取り調べを

受けるようだが、これも前政権関係者への

粛清じゃないかな。

前の大統領への司法への介入を糾すという

大義はあることはあるのだけれど。


 「政治的に争って未来志向を妨げるのは望ましくない」

全くもってその通りで、

まず大統領御自身が率先垂範で、ご自分で、

実践していただきたいものである。


 韓国経済は低調である。

有効な政策を打ち出せないでいる。

失業率は高い。

特に若い人が失業している。

20代の10人に一人は失業している。

経済政策や雇用政策が

ダメになると外国をたたくのは

よくあることである。

文大統領はほんとうは困っているのでは

ないだろうか?

 韓国は長く軍人が国のトップで、

民主化して歴史が浅い国でもある。

日韓関係は、1960年代70年代はそれほど

仲は悪くなかった。というよりお互いに

それほど意識していなかっただろう。

 気にしていたのは梶村秀樹先生や

和田春樹先生(専門はロシア近代史)らの

進歩的文化人くらいかな。

 文化交流が始まった1980年代から悪くなった。

交流始まって仲が悪くなるということも

考えられないのだが。

 現在は韓国が北朝鮮寄りになって、

文大統領は北向けの発言、

国内向けに発言しているとも読める。

 南北朝鮮は経済格差がありすぎるから

朝鮮半島統一したら、韓国が北朝鮮を飲み込んで

金正恩第一書記の一族を残した国になるだろう。

戦時中のイタリアみたいな、

王族いるけど社会主義みたいな

摩訶不思議な国になったりして。


 日韓の関係悪化は、日本と韓国の問題というより、

現在の文政権の問題である。

 日本は日韓協定に基づき

対応すればいいはずである。


 司法への介入をしてしまったが、

日本としては前大統領のほうが

現実的で、御しやすかったのじゃないだろうか?。

 前大統領は獄中で山岡壮八の

歴史小説を読んでいるようだが、

それで歴史を学んでいるのだろうか。

それともお父上の故朴正煕元大統領の

ことを思っているのだろうか。


朝鮮史 (講談社現代新書 460 新書東洋史 10)

朝鮮史 (講談社現代新書 460 新書東洋史 10)