SNOWLOGの日記

日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。Twitterもやっています。

スプレー缶のガスが爆発か?

 札幌の不動産屋で爆発事故があった。

室内でスプレー缶を処理していたのだが

室内では湯沸し器を使っていたようだ。

引火してドカンと爆発。

近所にも爆風で被害が出た。


 家の浴室で

缶を処理しようとして

爆発した例もあった。

なぜか浴室である。


 スプレー缶を処理するときは

近くに火があってはダメなようだ。

ようだではなくて

あきらかに危険である。


 スプレー缶ではないが

カセットボンベの処理方法を

メーカーに聞いたことがある。

(すべてのメーカーがこのようにして
 
 処理をしろというのかどうかはわかりません。)

その手順とは、

 まず風の強い日に(すでに難しそう)、

河原や公園で(河原が近所にない場合はどうするのか?)、

風上にたって、

静電気が起きない服装(どんな服装だろうか?)で、

マスクして、手袋して(手袋は肩までの長いものを推奨)、

中身が全部出るまで押す(すべて出てしまったとどうしてわかるのか?)

というものであった。


 やってるとおもいきり怪しそうである。


 実際にこの方法でガスを抜いている人をみたことがない。

もちろんいらっしゃるのだろうが。

火の気がないところでやらなければならないそうだ。

近所に車があっても危険だそうである。


 結論をいうと(あくまで個人的な意見ですが)

こんな面倒な処理をしなければならない

危険なものをつくったり、

販売したりすることをやめればいいのではないか。


 可燃性ガスを使用していると缶にあるし、

「使い切ってからすてること」

と訓戒調で表示があるが、

どのように処理しろと説明はない。


 化粧品やカセットコンロは便利かもしれないが

別の意味で環境負荷がかかるのではないか。

負荷どころか火災や爆発起きて命の危険もある。


 便利で需要があるから仕方がないのだが。

改善できないものだろうか、