SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

行方不明が多すぎる 3。

一昨日の失踪者捜索の番組を放送していたが

1999年の町田の女子美大生失踪は

自発的な失踪というより

何らかの事件に巻き込まれていたようにおもえる。

失踪した女性は、午後5時から6時の間に

レンタルビデオ屋にビデオを返しにいって

その後行方不明となった。

8月で軽装で、お金もあまりもっていなかった。

身長は170cmの長身で茶髪のショートカットだった。

すぐ帰る感じだったのだが、19年経っても帰っていない。

電話連絡などもない。

両親が女性の銀行口座にお金を振り込んだが

引き出された形跡がない。PHSも連絡が途絶えたあと

つかった形跡がないとのこと。

お金もなし、モバイルもなし、自発的失踪とはおもわれない。

8月の午後6時前後はまだあかるい。 街なかで誰かに

声でもかけられれば、通行人が気が付きそうである。

そのような証言もない。

女性は男性のつきまといにあっていたという証言がある。

画像をみるとかわいらしい女性である。ストーカーや言い寄る男性が

いたとはじゅうぶんに考えられる。

大分県で2年前に25歳の女性が失踪した事件も

未解決である。

まだあかるいうちに女性(未成年も含む)がいなくなったという事件がよくある。

2001年に室蘭で女子高生が白昼行方不明になるという事件もいまも未解決である。

2011年に大分県で35歳の主婦が一度でかけて帰宅して

そこから行方不明になった事件もあって、

この事件もいまだに未解決で行方不明のままである。

新潟県の少女長期間監禁事件や朝霞の少女監禁があったので、軽々にはいえないのだが、

このような事件は行方不明者がその後帰ってきたという事例が少ない。

早く発見してほしいものだ。