SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

ハロウィンジャンボを買いにいったら。


ハロウィンジャンボ宝くじでも買いに行こうとおもったら

23日で発売は終わっていました。

ハロウィンは10月いっぱいまでなので(そういうきまりがあるわけではないようだが)、

30日くらいまで売っていてほしいなあと思います。


むかしはオータムジャンボであった。

ハロウィンが流行したのでハロウィンジャンボにした。

ハロウィンと言えばヨーロッパで寒くなってくるころに悪霊払いのためにやっていたのが

(この間は長くなるので省略)

アメリカにいってからお菓子くれないと悪いことするぞになった。

日本の北国のなまはげの逆みたいなものである。

悪い子はいないか~~?ではなくて

悪い事しないからお菓子よこせ~~!!である。


ということでハロウィンジャンボ宝くじであるが

宝くじが売れないそうだ。

今月24日からネットで買えるようになるようだ。

若者の宝くじ離れである。

理由は当たらないからだそうだ。

夢も希望もないというか、若者はわかっているのだろう。

それは当たらない。当たる方が少ないのだから。

あたり40枚あればはずれは8億枚くらいなのであたらない。

圧倒的な当たらなさである。

収益は自治体が使っている。

納めなくてもいい税金をせっせとおさめているみたいなものである。


と夢のないことをいっても買う人は買うのである。

自分も数百円で数万円あたったことが過去二度ほどあった。

まあ愉しみである。

高額当選した方も知っている。