SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

キャッシュレス社会になるのか?

キャッシュレス社会を目指しているようだが

日本とドイツは現金にこだわるようである。

なんか似たような国である。

クレジットカードで支払いする傾向が世界的な流れになりつつあるが、

消費行動では慎重でありたいというのが日本とドイツである。

クレカ払いにするとじゃんじゃん使ってしまうからだという。

それは一理あるだろう。


銀行からするとクレカにしてもらったほうが得である。

現金引き出すATMは銀行には負担になっている。

通帳もペーパーレスで電子化されている。

自分も通帳がいつのまにかペーパーレスとなっていた。

銀行のサイトでボタン押したらしい。


カード払いは税率低くなるのでいいが、手数料の問題がある

ので、カード会社に手数料を下げるように政府は指導中である。

現金払い→10パーセント、カード払い→8パーセント

でカード払い手数料下げるので、キャンセルする(させたい)のだという。


与信費用などはどうなるのか?

行きあたりばったりの政策ではないのか?

財務省総務省が綱引きしているようだが、

都内でも、地方でも小さなお店がまだ数多くある。

そこでは現金払いになっている。

クレカ払いなら、信用情報でクレカが持てない未成年者や高齢者はどうなる。

難しいかもしれないが、病院や薬局(やっているところはあるが)

をクレカ払いにしてほしい。