SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

トラで御難。

飼育員がトラに咬まれて亡くなるという

事故があった。

そして、

阪神タイガースが最下位になったらしい。


トラはことしはついていないのか。

最下位というのは17年ぶりである。

2001年に、野村監督時代には

最下位になってしまった。

しかし、その後は星野監督の時代になり

浮上した。

岡田監督、真弓監督の時代も

浮いたり沈んだりを繰り返し

和田監督の時代には調子がよく

2014年には日本シリーズにも出場したが

ソフトバンクに守備妨害で敗れるという

前代未聞の負け方をしてしまった。

金本監督になってからは調子は悪く

今年は最下位である。

2001年といえば小泉純一郎が首相になった年である。

21世紀が始まった年に最下位になるという

阪神にはなんとも先行き不安な年であった。

名将野村が監督でも三年連続最下位だったのである。

監督が悪いのだろうか?

では金本監督もよくないといえる。

野村監督と金本監督では違うといえるが

最下位になったのは

選手がよくないのではないか。

阪神ファン(怒ると怖い方)に

攻守バランスがよくないのではないか

と野球にあまり詳しくないわたしが

生意気にもいってみたら、

「今年はそうだ。」とのこと。

投手はがんばっていたとおもう。

阪神ローカリズムもあるのじゃないかな。

地元大坂では阪神の選手はスターだし、

阪神生え抜きの選手は他所で

コーチや監督の経験が少ないような気がする。

巨人に比べてですが。

あくまで、気がするなので

阪神ファンは怒らないでいただきたい。