SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

行方不明が多すぎる。異様な犯罪が増えた。

広島が優勝したようだが

 

そのことはまた後日に。

 

民放のテレビで行方不明捜索と

 

逃亡中の容疑者を探している。

 

情報を募っている。

 

行方不明になった男性の一人は17才の北海道の人で

 

広汎性障碍があるようだ。

 

日常生活には不自由はないようである。

 

自発的に失踪したか、誰かに連れていかれたか

 

迷ったのか。

 

ただ、持ち物が河原にすててあった。

 

川に飛び込んだのか、落ちたのか。

 

落ちたのなら、持ち物も落ちるとおもうが。

 

しかし、自殺したと(お母さんはそう)おもわれたらしいが、

 

失踪当日の夜に、この少年とあいさつをしたという

 

近隣の女性の証言が出てきた。

 

ということは自殺ではなく失踪か。

 

この事例と似たような事例は

 

2013年に出張先の岩手県盛岡市で行方不明となった

 

遠田高大さんで、遠田さんは医療機器のセールスに

 

3月7日に出張で盛岡市にきていたが、

 

当日の新幹線で都内に帰る予定だった。

 

駅で自動改札でチケットが通らないで、あきらめて

 

20分ほどトイレにいっていたようだ。その後

 

盛岡駅の東口から出るところが遠田さんを見た最後だった。

 

この出入り口はホテルの多くあるほうの出入り口だそうだ。

 

ご両親によると

 

遠田さんは内向的な性格で、言いたいことをはっきりいえない

 

性格であったようだ。趣味はイラストか絵を描くこと。

 

同人誌で収入を得ていたとの証言はある。

 

以上は公開捜査の時に公開された情報である。

 

現在も行方不明なので、軽々にはいえないのだが。

  

遠田さんの携帯電話はホテルの屋根の上にすててあった。

 

別の持ち物はキャリーケースに入ってあり、駅の近くの川にすてられていた。

 

強盗にあったというより、自発的に失踪したと考えられる。

 

はやくもどって帰ってきてほしい。

 

 

つぎに逃亡中の犯罪者だが、戦後刑法犯は減っている。

 

樋田容疑者は早く出頭してほしいのだが、刑務所から

 

脱走や留置場からの脱出も減っている。

 

凶悪化してると言われているが、少年犯罪も減っている。

 

しかし、異様な理解不可能な犯罪は増えていると思う。

 

高齢者の犯罪は増加している。高齢化社会を反映している。

 

公務員や警察官や教師の暴力事件やわいせつ事件もよく報道されている。

 

こちらのほうが問題であるとおもう。

 

やはり特権もつと女、金(手当がある)、権力になるのだろう。