SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

60冊盗難のミステリー

昨日投降した記事は別のブログに投稿してしまったようで

 

このブログに転載します。

 

北九州市の公立の図書館で

 

地元出身のミステリ作家の松本清張全集の66冊のうち62冊が盗難にあったそうだ。

 

盗難が発覚する前の日にの閉館時には全集はあったようだ。

 

一度に50冊以上が盗まれたというのだ。

 

どうやって館外に持ち出したのか?

 

この全集は箱入りでハードカバーでうちにもある。

 

本体は黄土色の本である。

 

1冊1冊がかなり重い。60冊だと40kgぐらいになるらしい。

 

廃棄の本などでなければ古本屋は引き取らないはずだ。

 

熱狂的なファンの仕業か? 金目的であろうか?

 

複数回にわけて盗まれたようで

 

のこった6冊のうち5冊もいつのまにか盗まれてしまった。

 

66巻目の最終巻のみが残されていた。これも謎のひとつである。

 

古書で稀覯本というわけでもないし、文庫本でも作品は読める。

 

どうやって盗難防止のゲートを通り抜けたのか?

 

防犯カメラはないのか。

 

いろいろ謎がある事件である。

 

松本清張ファン倶楽部にも取材したがわからないとのこと。

 

そりゃファン倶楽部でもわからないだろう。

 

公立の図書館の蔵書は公共財であるから、すみやかに返すべきだろう。

 

 

松本清張全集 (66) 老公 短篇6

松本清張全集 (66) 老公 短篇6