SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

名乗らない人が増えた。

お昼休みに

 

スマホが鳴る。

 

出てみる。

 

先方「○○さんですか?」

 

わたし「・・・・・・」

 

先方「○○さんですか?」

 

わたし「・・・・・・」

 

先方「○○さんの携帯ですよね。」

 

わたし「はい、そうです。」

 

先方「あの保険に、、(以下保険商品の案内)」

 

わたし「保険は入っています。」

 

先方「そうですか?あたらしいプランの、」

 

わたし「あなたはなぜ名乗らないのですか?」

 

先方「は?ああ、失礼しました。わたしは××生命の△△です。」

 

ということで、

 

最近、保険会社でも証券会社でも銀行でも信用金庫でも

 

用事があって電話してきても

 

名乗らない人が増えた。

 

かつてはまず会社名と担当者名を名乗っていたのだが。

 

どういう人かわからないひととは話したくないのである。

 

電話ではなくてSNSを使っているからかなともおもったが

 

けっこう年配の方でもそうであるので

 

もちろん年配のかたでもLINEなどでやりとりするのかもしれないが。

 

まあそういう世のなかになってしまったのか。

 

電話じたいがツールとして古くなっているのだろうが。

 

それともそういう会社の教育なのだろうか。

 

 

「ビジネスマナー」基本の基本 (PHP文庫)

「ビジネスマナー」基本の基本 (PHP文庫)

 

 

 

ゼロから教えて電話応対

ゼロから教えて電話応対