SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

まだつかまらない。

樋田容疑者が富田林署から逃げ出して

 

一か月経過したが

 

まだ捕まっていない。

 

懸賞金がかかるようだ。

 

昭和の初めの頃に説教強盗という泥棒がいて

 

なかなかつかまらなかった。

 

新聞記者の活躍で捕まったというが

 

この新聞記者が書いた文献がこの記者の創作で

 

後に問題になった。

 

りっぱな造りのハードカバーの本が2000年代までは

 

新刊書店でみることができた。

 

小説家でもこの文献を参考資料とした人がいた。

 

それが真っ赤な創作であったのだ。

 

説教強盗は後に防犯アドバイザーみたいなことをやっていたが

 

樋田容疑者も捕まったら(出頭してきてほしいが)

 

手記でも書きそうである。

 

英国人女性殺害の市橋が逃走時の手記を書いたように

 

書くのではないか。

 

それも逃走に活用されてしまうとダメであるが。

 

説教強盗はフジテレビでドラマ化されていて

 

義賊のようにうつくしく描かれているが

 

実態はひどいものだろう。

 

樋田容疑者は出頭してきてほしい。

 

 

帝都戦慄の説教強盗―仮釈放の生涯

帝都戦慄の説教強盗―仮釈放の生涯

 

 

 

実録犯罪史 昭和の説教強盗 [VHS]