SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

行方不明が多すぎる。

山口県に帰省した2歳のお子さんが

 

行方不明になって2日経過した。

 

今も見つかっていない。

 

先月29日から栃木県の日光で観光目的で来日した

 

フランス人女性が行方不明となっている。

 

お子さんの方はお祖父さんと歩いて海に向かっているときに

 

引きかえして、別の道の方に歩いて行ったのを最後に

 

みつかっていない。

 

ドローンも使って捜索中だが、まだ見つからないようだ。

 

動物に襲われた可能性も考えているようだ。

 

行方不明事件が多い。

 

有名なところでは1989年に徳島県の親戚宅を訪れた子供が

 

親が数十秒目を話したすきに行方不明になった事件があった。

 

いまだにみつかっていない。

 

2001年に北海道室蘭市で女子高生が

 

行方不明となっている。

 

この女子高生もいまだにみつかっていない。

 

2007年には岩手県で川原から子供が突如として行方不明になった事件もあった。

 

この事件もいまだにみつかっていない。

 

2016年に大分県でも成人女性が行方不明になっている。みつかっていない。

 

狭い日本でも行方不明がけっこうあるのだ。

 

はやくみつかってほしいものだ。

 

 

著名人の行方不明では、アメリカ人実業家のタイのシルク王の

 

ジム・トンプソン氏がマレーシアのキャメロン高原で行方不明になっている。

 

高原にはトンプソン氏の別荘があり、持ち物は残されていた。

 

氏には発作を伴う持病があり、小さな箱に薬をいれて持ち歩いていた

 

が、この箱もコテージに残されていた。

 

氏はジャングルでの散策が趣味で、

 

ジャングルへちょっと出かけてすぐに帰る予定だったようだ。

 

知人と会う約束もしていたようだ

 

が、そのまま現在にいたるまで見つかっていない。

 

誘拐、政治的な理由、自発的失踪といろいろ説はあるが

 

地元民も動員して捜索が行われたが、見つからなかったのである。

 

トンプソン氏の居場所を知っているものは知らせれば

 

お金を提供する、あるいは犯罪に関係していても

 

名乗り出れば罰しないとの通達が出たが、何の情報も得られなかった。

 

最近、タイの地元メディアによるとトンプソン氏はマレーシア共産党に殺害された

 

のではないかということである。

 

トンプソン氏は元軍人でCIAの前身の組織にも属していた。

 

マレーシア共産党の最高幹部に接触しようとしたが、

 

諜報機関員であることが判明して、怪しまれ、結果、一人で出かけたところを

 

殺害されたというものである。

 

この政治的暗殺の可能性はないことはないが、

 

ジム・トンプソン氏が一人になる機会はそれ以外にも

 

多くあった。1960年代のことなので携帯もスマホもないので

 

無線連絡するか実際に見張ってる意外に手段はないだろう。

 

そんなのが近くいたら、すぐわかるのではないか。

 

二人以上の人が証言しているので

 

まんざら嘘でもないかなと思うが。

 

元軍人でも、年とって、ジャングルに散策にいったら迷ってしまったというのが

 

現実的ではないだろうか。

 

 

 

追記

 

山口で行方不明のお子さんは無事発見されたようだ。

 

 

失踪―マラヤ山中に消えたタイ・シルク王 (1979年)

失踪―マラヤ山中に消えたタイ・シルク王 (1979年)

 

 

 

熱い絹(上) (講談社文庫)

熱い絹(上) (講談社文庫)

 

 

 

熱い絹(下) (講談社文庫)

熱い絹(下) (講談社文庫)