SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

お化けが出た。

職場でお化けの話になった。

 

季節かなとおもった。

 

空調がない大昔は打ち水や怪談で涼んだそうだ。

 

怪談ではなくて自分の体験でお化け(かどうかははっきりとわからないが)を

 

みたことがあった。

 

西の方の旅館に泊まった時に、お化けをみた。

 

仕事でホテルに泊まろうとしたがあいにく満室だったので

 

しかたなくちいさな旅館に泊まった。あまりいい旅館ではなかった。

 

旅館の経営者は接客態度がよくなかった。

 

ホテル探すのも面倒だったし、

 

もうしょうがないなあとおもってそこに泊まって、

 

食事して寝たのだったが、

 

深夜に目が覚めた。

 

うつぶせに寝ていたのだが、左手に何かひんやりとしたものを感じた。

 

時計かなとおもったら、時計は外してねてるはずだと。

 

ではこのひんやりは何だろうとおもって、自分の左手をみると

 

手の甲に手が置いてあるである。自分の右手ではない。

 

その手の上のほうを見上げてみたら、女性がいた。

 

若い女性で顔面は蒼白である。白っぽい服装である。

 

部屋の鍵はかけたはずであった。従業員の女性でもない。

 

他の客か従業員の女性なら話かけてから部屋にはいるはずだ。

 

これはいったい誰だろうとおもって、もう一度見上げたら

 

やはりその女性はいるのだった。

 

あなたは誰ですかといおうとしたが声が出ない。

 

その女性も発声しないで黙っている。

 

これはお化けだ!とおもってお経を唱えた。

 

宗派は自分の宗派のお経である。

 

しばらくしたら、なぜかしら寝てしまった。

 

寝てしまってから起きるまでの記憶はない。

 

朝になったら、そ女性はいなくなっていた。

 

旅館に聴いてみようとおもったがやめておいた。

 

やっぱり出ましたかといわれそうだが、営業上

 

あたりまえだが、いわなさそうでもある。

 

他にもホテルでもお化けらしきものをみたが、

 

そういうのが出るところはあるのだろう。

 

ちなみにわたしはお酒は飲みません。