SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

九州の法科大学院危機におもう。

ニュースによると。

 

九州の法科大学院が消滅の危機

 

のこっているのは2つとのことである。

 

九州が危機的ではあるのだが、法科大学院自体が失敗だったのである。

 

司法試験に多くの合格者数を出す法科大学院をもつ学校は、

 

昔から司法試験に強い大学ばかりである。

 

一橋大、東大、京大、慶應、早稲田、中央、神戸大

 

の上位7校の合格者数だけで全合格者数の半分くらいいる。

 

これらの大学に旧帝大が続き、大都市の私立大学が続くだろう。

 

裁判官と検事はあちこちいかされるが

 

自由業の弁護士は東京や大阪の大都市に大半がいる。

 

合格者を多く出す大学も大都市に偏在しているのである。

 

ようするに旧司法試験の時代と変わらない学校が有利なのだ。

 

教育は蓄積である。伝統校が強いのである。

 

高校野球と変わらないのである。

 

改革に乗って得をしたのは法科大学院の教員だろう。

 

本人の学力の問題といえばそうかもしれないのだが、

 

2年3年かけてお金も何百万もかけて法科大学院修了しても三振して

 

受験資格失った学生は気の毒である。

 

合格率は予備試験経由の受験生が高いようだ。

 

皮肉なことに救済である「予備」の試験のほうに、

 

優秀な人材がいるということだ。

 

佐藤幸治先生はこの惨状をどうお考えなのだろうか?

 

予備試験は旧司法試験の一次試験のような試験である。

 

法科大学院廃止して、旧司法試験時代の形式に戻したほうがいいのでは

 

ないだろうか。

 

 

「ロースクールの挑戦」 弁護士になって日本を変えたい

「ロースクールの挑戦」 弁護士になって日本を変えたい

 

 

司法制度改革

司法制度改革

 

 

 日本国憲法論 (法学叢書 7)

日本国憲法論 (法学叢書 7)