SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

CDの時代じゃないんだな。

うちにレコードとCD合わせて二万枚くらいあるけど

 

もうCD売ってるお店ってほとんどないのね。

 

アメリカで数年まえからCD文化は退潮して

 

オンデマンドや動画投稿サイトでの視聴が主流となっている。

 

日本人は集める癖があるので日本ではCDやDVDは

 

売れているようである。

 

日本人は音質の良いものを好む。

 

世界一CD買ってるのは日本人らしい。

 

秋葉原の石丸のソフト館はすでになし。ここにはよく通った。

 

渋谷のタワーレコードにも時々いくけど

 

ここは品揃えの割にはややCDが探しにくかった。

 

あとは銀座山野楽器本店。ここも最近いっていない。

 

なくなった新星堂荻窪本店にもたまにいった。

 

本店の割には品揃えはあまり多くなく。

 

都内の支店や地方の店舗のほうが良かったりした。

 

CDがでてきたときはレコードやカセットテープは消えるといわれていたが

 

レコードもテープは今も残っていて人気が再燃焼しているようだ。

海外ドラマのソフトでもDVDよりもVHSの方が画質の良いものも

 

あるそうだ。

 

日本のCDは品質が高いようである。

 

石丸電気3・ソフト館がなくなったのは残念だった。

 

CDはすぐ聴けるし、動画投稿サイトのはPCやスマホ起動しないと

 

聴けない。携帯音楽プレーヤーでもPCが必要だ。

 

面倒だからCDに戻してほしいものである。

 

昔モノといわれそうだが、あえていってみた。

 

 

追記

 

LPレコードはあまりに多くて場所ふさぎなっているので

 

適宜処分することになりました。