SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

変な夢。

真夏には変な夢をみますな。

 

昨日、一昨日は似たような変な夢をみた。暑いと変な夢をみる。

 

病院に行くというのだが、一昨日は家族と病院へ行こうとする夢で

 

昨日は知人と病院へ行こうとする夢であった。

 

昨日の夢の方を。

 

以下は夢の中の事です。

 

午前中、なぜかしら知人と病院へ行くために駅で電車を待っていると

 

待ってる間に急に夕方になって夜になってしまった。

 

そこで(なぜかしら)隣の駅に移動するということになって

 

いっせいにとなりの駅に歩いてゆくのだが、なかなか隣の駅まで

 

たどりつかないのである。深夜になっても隣りの駅がみつからないので

 

なぜかしら、バスで移動しようとバス停を探すことになった。

 

深夜歩いてバス停を探すのだが、百貨店の前のバス停までたどりついたが

 

深夜にも関わらず、なぜかしら、そのデパートは営業している。

 

バス停でバスを待っているが、バスが通り過ぎていったので

 

なぜかしら、そのバスを追いかけようと走ることになった。

 

走ってバスを追いかけてが、バスには(あたりまえだが)追いつかないので

 

タクシーにのって追いかけようということになった。

 

(そのタクシーで病院行けばいいではないかという考えは夢の中ではない。)

 

タクシーでバスを追いかけるのだが、なかなか追いつかない。

 

そして、どういうことか、そのタクシーを運転しているのは

 

いっしょに病院へいくはずの知人の一人である。

 

やっとバスにおいついて病院までバスで行くのだが、

 

その病院はバス停の前の百貨店の地下にある総合病院であった。

 

そんな病院は実在しないのだが、地下まで行くのだが

 

結局、病院までは行かなかったと思う。

 

目が覚めたので。

 

こういう行きたいところにたどりつけけない、

 

あるいは建物(学校、ホテル、寺院、病院など)から外に出られないという

 

カフカ的な夢を真夏にはよくみる。

 

暑さとかんけいがあるのだろうか。