SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

海の日。

海の日なのだが、

 

海の日は明治天皇が船で東北地方巡幸して

 

函館から横浜まで無事に帰ってきたことに由来する。

 

1996年に海の日として祝日になった。

 

かつては日本人は海が好きだった。

 

が、日本人は最近海に行かなくなったようで、

 

海離れといわれている。若者が海に親しみを感じないそうだ。

 

スキー離れと同じように子供の頃に海いかないからだろう。

 

しらないものは親しみようがない。

 

親が海に連れて行かないのだろう。

 

海水浴場も減っているし、砂浜も減っているらしい。

 

スマホでゲームやsnsやってるほうがたのしいかもしれない。

 

かつては夏になると水の事故による死者がでたと報じられたが、

 

最近は海での事故もあまりメディアではあまり見られなくなった。

 

いや、わたしが知らないだけで実際はあるのかもしれないが。

 

日本人は戦後海に行くようになって海の事故、水の事故も増えたのだが

 

海に行かなければ海の事故にも合わないだろう。

 

海の方からやってこない限り。

 

実は水で死ぬ人は多い。もっとも多いのが浴室でなくなる

 

ケースである。浴槽で寝ておぼれてしまうとか

 

脳梗塞の発作を起こして亡くなるとか。

 

水ではないが滑って転倒して亡くなるとかである。

 

浴室でなくなることは多い。交通事故よりも多いはずである。

 

御嶽山が水蒸気爆発して死者が出たが、専門家が

 

山で事故に遭わないようにするには山に登らなければいいと

 

いっていた。

 

身もふたもないのだがそれはもっともで、

 

アルコール中毒も酒を飲まなければ、なることはない。

 

しかし入浴しないというわけにはいかないだろう。

 

夏はシャワーだけという人もいるが、入浴したほうが

よく寝られる。