SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

きらぼし銀行

大雨災害がたいへんである。

 

160人以上の方が犠牲になった。

 

3.11以降最大の犠牲者である。

 

大雨というから、ああ雨が多いのかとおもうが

 

土砂災害や河川の氾濫やダムが決壊するといえば

 

いいのではないだろうか?そこまで事前にわかるか

 

どうかはわからないといわれればそうなのだが。

 

ところで寄付をしようと銀行にいったら

 

銀行が都民銀行からきらぼし銀行になっていた。

 

最近ほとんどいっていなかったので

 

いつのまにかきらぼし銀行に変わっていたのであった。

 

銀行の合併はよくある。三菱銀行東京三菱銀行になり

 

三菱東京UFJ銀行になり、三菱UFJ銀行である。

 

山口東京理科大学山陽小野田市立山口東京理科大学

 

(地名が4個はいっている。)

 

になったみたいである。銀行のほうが先か。

 

太陽神戸銀行太陽神戸三井銀行になりさくら銀行になり

 

さくら銀行住友銀行に合併され、三井銀行と合併して

 

三井住友銀行になった。

 

みずほ銀行も富士銀行と第一勧業銀行が合併してみずほ銀行になった。

 

りそな銀行大和銀行協和銀行あさひ銀行が合併してりそな銀行になった。

 

 とみん銀行もそうなってしまったのだろう。

 

この銀行には三田支店や芝支店ががない。そこは不便だった。

 

田町や三田からは病院内のATMしかなかった。

 

駅周辺にはりそな銀行みずほ銀行の支店もあるのだが。

 

今や紙の通帳も時代遅れであるが。

 

寄付しないとということで、寄付した。

 

銀行の職員が4億を着服して逃亡したというニュースがあったが

 

その職員がきらぼし銀行の職員だと知ったのはさっき(午後8時半ごろ)である。

 

何か先行きが不安である。だいじょうぶでしょうか。

 

 

銀行合併の波―銀行統合の経済要因と社会的帰結

銀行合併の波―銀行統合の経済要因と社会的帰結

  • 作者: ゲイリーディムスキ,Gary A. Dymski,井村進哉,松本朗
  • 出版社/メーカー: 日本経済評論社
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

あと5年で銀行は半分以下になる

あと5年で銀行は半分以下になる