SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

関東以南はエアコン必須。

暑い日が続きますが

 

少しゆるむだろうか。

 

東京も80年代まではそれほど暑くなかった気がする。

 

1978年は猛暑だったと記憶するが。

 

28℃や29℃でも暑かったレベル。

 

平成元年あたりから天候がおかしくなった。

 

というと時間でいえば、

 

つまりはものすごく長いスパンでみれば

 

異常気象でもないといわれる。

 

でも生活してる人にとっては過去未来暑かろうが寒かろうが

 

氷河期だろうが間氷期だろうが、

 

暑いものはあついし、寒いものは寒いのである。

 

今では真夏日猛暑日当たり前になった。

 

エアコンや冷房設備がなくて亡くなる方がいる。

 

エアコンは助成金出して買えるようにしたほうがいいのではないだろうか。

 

そんな金何処にあるのかといっても東京は潤っているほうではないか。

 

無駄な施設や豪華クルーザーや魚市場の移転にお金使うなら

 

エアコンない人にエアコン使うことができるようにしたらいいと思う。

 

豪華クルーザー買うお金で数万代のエアコンが買えるはずだ。

 

特に名は伏せますが、M社のKヶMはモノがいいと思います。

 

サービスもいいです。

 

(外が暑くて多少イライラしています。)