SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

高校の数学の先生。

 

 

高校の数学の先生が黒板の板書を、

 

消していない前の授業の板書の上に自分もチョークで書いていて

 

話題になっている。

 

なんか大人気ないかなとおもった。高校生相手なのに。

 

と考えたら、教師は自分で板書を消さないのだろうかと

 

いまどきはそうなのだろうか?

 

自分が高校で数学(数学に限らないが)の授業受けていたころは

 

授業終りに教師が自ら消していたような。

 

塾でも先生が書いて先生が消していたと思った。

 

当該の高校は生徒が授業終わった時に板書消すのだろうか?

 

そういうルールなのか?

 

そういうルールなら仕方がないが、大人なら

 

「消しておかないとダメだよ」と注意してから

 

自分で消して授業はじめないかな。

 

ルールを守らせるためにあえてやっているのか。後期中等教育で。

 

なんか理不尽を強要するのが教育の目的って

 

おもっているのかな。そういうのもありそうだ

 

が、この先生は感情的になっているのだろう。

 

自分は教師には恵まれたので、あまりそういう教師に遭遇したことはない。

 

語学はコミュニケーションなので教師が教えた方がいいと思いますが

 

数学はやることが決まっているので、ひどい教師の授業受けるよりは

 

チャート式などで自習してもいいと思います。

 

今のチャート式は解答詳しいので。

 

チャート式基礎からの数学2+B

チャート式基礎からの数学2+B