SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

防衛大学の下級生いじめ。

防衛大学校の下級生に対するいじめが

話題になっている。

 

内容はいじめというより犯罪である。

福岡地裁に提訴されている。

 

今年は体育会系の不祥事が続々出て

体育会系終焉の年の端緒になるかも

しれない。

 

1990年代に神奈川県警のいじめ(社会人がいじめやってるのも

異常なのだが)が問題になったが

非常に幼稚ないじめであった。

神奈川県警は以降不祥事続きとなった。

不祥事では西の大阪府警、東の神奈川県警といわれていた。

 

軍隊や警察やそれに準じる団体ではいじめが横行するのだろう。

昨今の日本のスポーツ界でもそうだろう。

自衛隊でも自殺者は多いようだ。

 

日本の団体は同調圧力が強すぎるからだろうし、

滅私奉公を求める風潮もある。

学校のため会社のため社会のため国のためと。

 

教育の目的は平均を強制することである。

個性が強い人や才能のある人はそこから離れて才能を発揮するが。

平均を強制することにはいい面もある。

個性や才能がなくともなんとか生きて行けるからである。

 

ただ教育は閉鎖的な空間ですべてなされるので

プレッシャーがかかるし、ストレスにもなる。逃げ場もない。

いじめ問題が社会問題化したのは昭和60年頃だが

30年以上経っても解決されない。

もはや社会悪といってもいいだろう。

事件を顕在化させるのはいい対応であると思う。

 

 

防衛大学校の真実―矛盾と葛藤の五〇年史 (RYU SELECTION)

防衛大学校の真実―矛盾と葛藤の五〇年史 (RYU SELECTION)