SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

『鉄鎖殺人事件』を読む。

暗い話題が続いたので

やや明るめの話題で。

タイトルがミステリなので明るくもないか。

 

『鉄鎖殺人事件』は古いミステリである。

昭和8年に発表された作品なので、リアルタイムで読んだ人は

今はほとんどいないだろう。

作者は浜尾四郎貴族院議員、子爵、検事であった。

 

浜尾四郎には『殺人鬼』というミステリもあるが

この『鉄鎖殺人事件』も有名なミステリだった。

戦後は昭和30年代に出版されたようだが、長い間入手が難しかった。

全集には収録されていたが、全集は高価だった。

池袋のジュンク堂でみかけて買おうかどうか迷ったが

買わなかった。

 

今手元にあるのは河出文庫のものである。

浜尾四郎のミステリ長篇は『殺人鬼』『博士邸の怪事件』があるが

この作品も長篇である。

『平家殺人事件』という作品もあるが、作者が亡くなったので

未完である。

 

さてこの『鉄鎖殺人事件』は『殺人鬼』ほどの長さはないが軽みがあって、文章も(戦前のミステリにして)読みやすく、

『殺人鬼』とならぶ傑作である。

出来は『殺人鬼』『鉄鎖殺人事件』『博士邸の怪事件』の順番である。

 

戦前に唯一本格推理小説の長篇を書いた作家の作品だけあって

読み応えはあるとおもう。

絶版や品切れにならないでほしい。

 

浜尾四郎『鉄鎖殺人事件』(河出文庫

 

鉄鎖殺人事件 (河出文庫)

鉄鎖殺人事件 (河出文庫)