SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

都の水道事業が廃止。

梅雨に入ったようで

湿気が強くなった。

 

空調入ってるところもちらほらとある。

節電しているところもある。

 

都の工業用水道が廃止になるようだ。

地下水のくみ上げで地盤沈下がかつて問題になったが

その対策に工業用水道ができた。

今は需要が少なくなり、赤字赤字でどうしようもなくなったようだ。

工事やってて、いきなりボコッと陥没するとか

あったようだ。公害の一種だろう。

 

ガソリンスタンドもずいぶん減った。

街中の大きなスタンドがなくなって驚いたことがあるが、

車が売れないのだろう

(メーカーの最大のお得意様はアメリカなので関税引き上げは困るだろう)。

区部なら車を買う必要がないからだ。

交通発達してるといらないのだ。

若者の車離れというが、買いたくても買えないという

現実がある。

ガソリンスタンドは60年代にできたのだから

設備そのものがそろそろ寿命である。

買い替えして商売続けると引き合わないので

廃業してしまうらしい。

 

高速道路や橋などもあたらしいところはいいが

古いところはかなり傷んでいるところも多い。

安全なのか心配になることもある。

 

小池都政になってから今のところはドラスティックな動きはない。

五輪も魚の市場ももとにもどっただけである。

議員報酬カットぐらいがいいといえる実績である。

なり手がいなくなることは都の場合ないので

報酬をちょっとカットしてもいいのだろうね。

 

 

江戸上水道の歴史

江戸上水道の歴史

 

 

西新宿物語―淀橋浄水場から再開発事業まで

西新宿物語―淀橋浄水場から再開発事業まで