SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

藤井聡太七段の快進撃。

将棋の藤井七段はすごいですね。

最年少記録を更新しつづけているのですから

加藤一二三さん(猫好きなので好きです)の記録も抜いてしまった。

将棋の名人といえば大山名人だとおもいますが。

中原誠氏、羽生善治氏も名人ですな。

連盟は最近は赤字だったので、将棋界にとっては藤井七段は救世主のような存在で

将来は名人になるでしょう。

 

藤井七段の快進撃をみてチェスのボビー・フィッシャーを

連想しました。

14歳でインターナショナルマスター、15歳でグランドマスターと

異例の出世。

1972年にはソ連のスパスキーを破り、世界チャンピオンに。

その後はルールを巡って国際連盟ともめて試合を拒否して

世捨て人のような生活をしていましたが、

1992年に再びスパスキーとユーゴスラビアで試合をして

勝利しました。

日本にいるときは蒲田付近にいたようです。

 

 

今日読んだ本。

フランク・ブレイディ『完全なるチェス―天才ボビー・フィッシャーの生涯』(文藝春秋)