SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

国鉄もJRに。

福知山線脱線事故から13年。

13年も経ったか、まだ13年か、

どっちでしょうね。

この事故は労働環境が起こしたとされますが、

構造は徐々に変わりつつあるようです。

労働環境もよくなっているのか。

国鉄時代は東日本の職員の対応はよくなかった。

労働環境が職員の態度に反映されていたのか、

子供でもひどいなあとおもう態度でした。

民営化して30年以上になった最近はよくなってると感じます。

この「軌道」は事故の遺族とJRの人の両方からみたJRが描かれています。

なんか昨今の役人の無謬主義みたいなものが当時のJRにもあったと

わかります。