SNOWLOGの日記。

雪とねこが好きです。日々読書、日々学習、日々成長を目指すブログです。

エブリデイうなぎ。

土用のうしの日ということなので

 

鰻重をたべました。

 

最近うなぎが減っていて、鰻重も高くなった。

 

(いや、国産は余っているので売れないと養鰻家が困るという報道もあった。)

 

うなぎ自体は減っているのだろう。国産は某国産のに押されている。

 

鰻だけではないのだが。

 

天然は美味しいです。このうえもなく。

 

養殖でも国産のは美味しいと思います。

 

関東と関西では調理法が違うので一律になんともいえませんが

 

自分は関東のほうの調理法が好きです。

 

関西出身者は関西の方の調理法がいいといいます。

 

昔、京都へ行ったときに関西風の調理法で食べましたがやや硬かったですね。

 

固い食感がいいと関西在住の知人はいっていましたそういうものだろうか。

 

鯨肉がかんたんに食べられなくなったように鰻もそうなるのか?

 

牛肉もアメリカやオーストラリア産に押されている。

 

年配の方に「昔の鯨カツは美味かったんだよ。」といわれると

 

たべてみたい気がします。

 

来年はどうなるかはわかりませんので、毎日とはいいませんが、

 

大暑までは食べていきたいですな。

 

商売してるかどうかはわからないのですが。

 

あまり品のいいはなしではないですが、ある日突然食べられなくなる

 

恐れがあるので。

 

戦争中に子供時代を過ごした方は、ある日親にホテルに連れて行ってもらって

 

「何でも好きなものを好きなだけ頼んで食べろ。」といわれて食べたが

 

その後にある日突然ものがなくなり、

 

食べたいものが食べられなくなったとおっしゃっていたので。

 

三代目古今亭志ん朝師匠は周りに不幸があったので信心で鰻を食べるのを

 

やめたそうですが、晩年には食べたいといっていたようです。

 

継続して食べられるのが望ましいと思います。

 

日本では鰻の研究が進んでいるので可能かも。

 

 

ウナギの保全生態学 (共立スマートセレクション 8)

ウナギの保全生態学 (共立スマートセレクション 8)

 

 

 

ウナギの博物誌―謎多き生物の生態から文化まで

ウナギの博物誌―謎多き生物の生態から文化まで

 

 

 

 

またきらぼし?

茨城県内の住宅の庭から

 

その住宅が実家である銀行員の妻の遺体が発見されたという。

 

その銀行員が殺害して、母親とともに遺体を庭に埋めたということだ。

 

育児をめぐって夫婦で諍いがあって、銀行員の夫はうっぷんがたまって

 

妻を絞め殺したという。

 

夫の母親が死体遺棄に関わっているらしい。

 

夫はSNSで妻が行方不明になったので探してほしいと訴えていた。

 

また、駅前などで妻の親とともに妻を探しているとのビラも配っていたそうだ。

 

当たり前だが、亡くなった奥さまのお父上はたいへん怒っている。

 

母子で死体遺棄である。そのあと捜索願いも出している。

 

隠滅できると思ったのか?

 

あまり気持ちのいい話ではないが、土中では遺体は空気中や水中よりも

 

腐敗するのが遅い。土中は空気中の1/8の遅さだったと思う。

 

息子が母親になきついて、母親が息子をかばったのか?

 

どうもそのようなことが考えられる。実家の庭ってところがポイントだ。

 

杜撰な隠し場所に隠し方である。

 

浮気と保険金狙いで妻を和歌山の海で水死させた夫が捕まった事件もあった。

 

溺死にしては砂が入りすぎで、ダイビングの資格もっていて

 

溺れるのはおかしいと気が付いた人がいた。

 

身勝手なやつでは後者のほうが身勝手度が上だが、

 

うっぷんたまって妻を殺して実家の庭に埋めるというのも

 

考えがないのだろうな。

 

この銀行員はきらぼし銀行の行員だということだ。

 

3億7千万横領して逃亡中の元銀行員もきらぼし銀行だった。

 

だいじょうぶなのだろうか、きらぼし銀行(旧とみん銀行)は。

 

一応口座も預金もあるのですが。

 

 

猛暑に注意 4  内陸は暑い。

あと一か月はこの暑さが続くようです。

 

みなさん暑さには注意です。

 

今日も屋外学習やら人文字で体調崩した生徒が出たようです。

 

学校は注意しないのでしょう。しないのでしょう。

 

校長があやまっておしまい。

 

暑い日が続き、気温が少し下がる日がいちばん危ないようです。

 

岐阜は40度超えたところがあったようです。

 

名古屋の知人は買い物に行きたいが

 

暑いので動きたくないといってきました。

 

暑い所をみると内陸や盆地が多いです。

 

海なし県の栃木、群馬、埼玉、岐阜

 

盆地の熊谷、甲府、多治見、京都である。

 

海から遠いので海から来る風がこない、

 

周りは山なので熱い空気の逃げ場がなく停滞する

 

よってずっと暑い。

 

冬も冷たい空気が逃げないので寒いということだ。

 

盆地に住む人は大変だが、地震がきても津波が来ないというメリットはありそうだ。

 

東京都内も以前よりも暑くなっている。

 

海からの風が入るところに高層ビルが多くある。

 

かつては風が入ってきたので、暑い空気が流されて

 

それほどでもなかったのだが、今は高層ビルが塞いでいる。

 

エアコン使うからオフィスからの排熱もある。

 

舗装されているので地面も熱い。

 

靴もいいものでもダメになるのがはやいのではないか。

 

なんだかんだで人為的に暑くなっているのだと思う。

 

少なくとも区部については。

 

猛暑に注意 3。

猛暑が続きます。

 

名古屋と京都の知人から「暑くて危ないので

 

外出はひかえている」と連絡がきました。

 

愛知県で小学生が熱中症で亡くなったようです。

 

屋外から帰ってきて校舎内で意識なくなって

 

救急搬送されましたが亡くなったとのことです。

 

たいへん痛ましいことです。

 

猛暑の暑い日に屋外で運動とか大丈夫なのかと

 

毎年思います。

 

渋谷区内の小学校でも体育の授業中に生徒が具合悪くなったようです。

 

猛暑日の屋外での体育は控えた方がいいと思います。

 

滋賀県でテニスのサーブが下手なので罰として校舎80周を教師から命じられ

 

暑くて9周目で倒れた中学生もいたようです。

 

校舎80周というのは18kmくらいで、

 

この教師は先にかえってしまって、工事業者が倒れている生徒を

 

見つけて救急車を呼んだそうです。

 

自分で命じたのなら最後までみまもるべきです。

 

巨大組体操の件や栃木の雪山の歩行訓練もそうですが、

教育現場ではこのような人権侵害が平気で行われています。

 

わたしは体育教師には恵まれた方ですが

 

このような事例が減らないのは、

 

理不尽な要求をする体育教師や部活の顧問がいるからでしょう。

 

猛暑日が予想される日には教師の裁量で屋外での運動は控える

 

ようにすればいいのです。

 

根性や精神論で猛暑はなんとかなるものではないのですから。

 

今年はスポーツ界に不祥事が多い年ですが

 

不祥事や理不尽なことは今年で終わりにしてほしいですね。

海の日。

海の日なのだが、

 

海の日は明治天皇が船で東北地方巡幸して

 

函館から横浜まで無事に帰ってきたことに由来する。

 

1996年に海の日として祝日になった。

 

かつては日本人は海が好きだった。

 

が、日本人は最近海に行かなくなったようで、

 

海離れといわれている。若者が海に親しみを感じないそうだ。

 

スキー離れと同じように子供の頃に海いかないからだろう。

 

しらないものは親しみようがない。

 

親が海に連れて行かないのだろう。

 

海水浴場も減っているし、砂浜も減っているらしい。

 

スマホでゲームやsnsやってるほうがたのしいかもしれない。

 

かつては夏になると水の事故による死者がでたと報じられたが、

 

最近は海での事故もあまりメディアではあまり見られなくなった。

 

いや、わたしが知らないだけで実際はあるのかもしれないが。

 

日本人は戦後海に行くようになって海の事故、水の事故も増えたのだが

 

海に行かなければ海の事故にも合わないだろう。

 

海の方からやってこない限り。

 

実は水で死ぬ人は多い。もっとも多いのが浴室でなくなる

 

ケースである。浴槽で寝ておぼれてしまうとか

 

脳梗塞の発作を起こして亡くなるとか。

 

水ではないが滑って転倒して亡くなるとかである。

 

浴室でなくなることは多い。交通事故よりも多いはずである。

 

御嶽山が水蒸気爆発して死者が出たが、専門家が

 

山で事故に遭わないようにするには山に登らなければいいと

 

いっていた。

 

身もふたもないのだがそれはもっともで、

 

アルコール中毒も酒を飲まなければ、なることはない。

 

しかし入浴しないというわけにはいかないだろう。

 

夏はシャワーだけという人もいるが、入浴したほうが

よく寝られる。

 

 

 

 

 

 

猛暑に注意 2  謎の隣人。

全国的に気温の高い暑い日が続きます。

 

体調に注意しましょう。

 

うちの近所に救急車がきました。

 

近所で具合が悪くなった人が居たそうで。

 

それはたいへんなことですが、気になることが。

 

わたしの周りには不思議なことがおこるのか。

 

その具合が悪くなった人を近所の人たちは誰もしらなかったのである。

 

救急車がきたときには誘導しなければならないのだが

 

救急隊員が住所や家を知らないことやわからない場合があるので。

 

救急隊員はいうには

 

その人は暑くて体調悪くして自分で119番に電話して、

 

自分で救急車にのったそうである。

 

しかし、そのひとの特徴に合う人が近所には誰もいないのである。

 

いちおう住宅街であるので、だいたい近隣の人はどのような人かは

 

把握はしている。

 

賃貸住宅がないので、人の出入りはそれほど激しくはない。

 

他人には干渉しない時代になっているので、あまりご近所さんを

 

みなさん知らないといえばそうなのだが、

 

防犯や命にかかわる緊急時は別である。

 

救急隊員のいう特徴の人が近所にはいないのである。

 

個人情報保護法が昨年改正されて救急隊員も詳しくはいわないのだったが

 

はたしてその人は本当にうちの近所にいたのだろうか。

 

たまたまうちの近所で具合が悪くなって救急車を呼んだのではないか

 

と言い出す人も出てきた。

 

 

お葬式のミステリー。

真夏のお葬式で不思議なことがあった。

 

それほど昔のはなしではない。

 

無常事なのでちょっと気にはなるのだが

 

他にこのような体験をした人はいますか?

 

7月の暑いころのお葬式であった。

 

亡くなった方とはやや親しかった程度である。

 

しかし連絡がきた。

 

仕事でお世話になったりお世話したりの仲であった。

 

親しくないので仏様には失礼かなとおもったがお葬式にいった。

 

ご遺族は葬儀の準備をしていた。よく来てくれましたといわれた。

 

残念ながら生産者年齢でなくなったのだった。

 

家族、親族、友人、知人が多く来ていた。

 

亡くなった方をAさんとしよう。イニシャルではないです。

 

Aさんの親しい人にBさんがいた。自分はBさんとは面識がなかった。

 

葬式の準備をBさんが手伝っていると、Aさんのご遺族が血相変えて

 

きたのだった。

 

なんでもBさんから電話連絡がきているというのである。

 

Bさんは会場にいるのである。その会場にいるBさんからの

 

電話だというのだ。

 

遺族は気味が悪いので、Bさんに電話を代わってほしいという。

 

Bさんは「Bさん自身からの電話」に出た。

 

ちょっと話して電話は切れたそうである。

 

しばらくして今度はなんと私が電話連絡をしてきているのであると

 

ご遺族がいうのである。なんだかわからなくなった。

 

とりあえずわたしは「自分からかかってきた電話」に出た。

 

「あなたは誰ですか?」と聞いたら、「○○」とわたしの苗字を名乗った。

 

「それはわたしですよ。あなたは誰ですか?」と聞くと、

 

「Aさんは亡くなったのか?」と聞いてきた。

 

「あなたは誰ですか? なぜ他人の名をかたるのですか?」と聞いた、

 

「Aさんはなくなったのか?」と同じことをいう。

 

「名乗らない人とは会話したくないのできりますよ。」といおうとしたら

 

さきに先方が電話を切った。

 

なぜわたしがAさんのお葬式に参列するのかを知っているのかも

 

謎だった。

 

ご遺族とBさんは電話かけてきたこの人物には心当たりが少しあるようだったが

 

話してくださらなかった。声や話し方に聴き覚えがあるようだった。

 

Aさんの名誉のために記しておくが、負債や相続の問題ではないようである。

 

法事は無事に終わったのだが、これは不思議なことだった。

 

 

 

 

猛暑に注意。

猛暑日の予報が出ている。

 

三連休は注意だそうだ。

 

人は寒さではあまり死なないが

 

暑さでは毎年何百人と亡くなっている。

 

真冬日というのもあるがそれで毎年何百人も亡くならない。

 

平成に限定するともっとも暑い夏というと平成6年か平成22年の夏である。

 

平成22年には熱中症でなくなった方は1700人以上いる。

 

猛暑の年であった。

 

しかし自分の記憶に残るもっとも暑い夏は平成6年だ。

 

社で午前中「暑いですねえ」とあいさつしたひとが

 

午後には体調悪くなって救急車で搬送された。

 

都内で気温が39℃超えた。

 

前年の平成5年が100年に一度の冷夏といわれた年だったので

 

よりいっそう暑く感じた。

 

今年は1月から大雪になったり、インフルエンザが流行したり

 

大阪に震度6地震が来たり、豪雨で犠牲者200人になったり

 

昨年が二人の女性が話題になったことなど

 

すでに忘れ去られているほど自然災害が多い。

 

高齢の方やお子さんのいる家庭は注意してほしい。

 

暑さ対策に高校野球でも給水するようになったという。

 

ということは今まではしなかったということだろう。

 

球場で体調崩した女子生徒がいたようである。

 

大体、夏は暑くて学業に適さないから夏休みがあるのであって

 

暑い時期に暑いところで暑い時間帯に高校生が野球をしなければならないと

 

いうのが自分には謎である。

 

野球をやるからには体力あるのだろうが。

 

毎年、小学校や中学校の体育の授業で体調を崩す生徒がいることも

 

不思議である。

 

授業時間のこともあるのだろうが、猛暑日が予想される日には

 

屋外での実技を控えて座学に切り替えることなどはできないのだろうか。

 

命の危険があるとおもうのだが。

 

3年前に板橋の民家で高齢の女性三人が亡くなるという事件があったが

 

高齢者はいつのまにか熱中症になっていることがあるそうで

 

亡くなった方々は家族のようだったが、誰かが気が付けば

 

このご高齢の三人も亡くならなかったとおもう。

 

亡くなるのはたいていお子さんかご高齢の方である。

 

日本人は日本の夏には我慢しないで涼んだほうがいいとおもう。

大雨の被害2.

西日本の大雨被害がすごい。

 

犠牲者は200人を超えてしまった。

 

大雨での被害では最多の犠牲となった。

 

2016年に台風が東北地方に上陸して、

 

被害が出て、

 

2017年には九州北部に大雨で、被害が出て。

 

被害が出たが、大雨でここまで被害がでたのは

 

戦後はじめてではないか。

 

8つあるダムが満杯になってしまったとのことである。

 

90年代後半の自民党政権下や2000年代の民主党政権下では

 

不況と予算の配分からダムをつくるのはやめよう

 

ということになって、アメリカの影響が大きいが、

 

世界的に治水もダムに頼らない方向に向かっていると主張していた方も

 

いた。思想がリベラル寄りの方はこのような主張をされる。

 

環境への影響を主張する方も少数ながらいらっしゃる。

 

ダムがダメというより無駄(と思われる)な公共工事がダメなのだろう。

 

田中康夫氏も長野県知事時代に脱ダムを掲げていた、

 

長野モデルとして全国に発信していきたいといっていたが

 

長野は水や電源には恵まれているし、

 

田中氏は水害の危険がある地域については

 

あまり細かくはみていなかったと思われる。

 

世界はともかく日本は水害の多い国である。ときどき水も不足する。

 

四国などはそれが顕著である。

 

外国から、「日本は油はないが水に恵まれているではないか」と

 

いわれるが、国土が狭いから雨が降っても

 

すぐに海に水は行ってしまうのである。

 

治水とともに貯水も重要なのである。

 

水力発電の効率もバカにはできない(火力や原子力よりは環境負荷が少なく

 

安全だろう)。

 

治水が上手くいかなくて河川が氾濫するのは

 

ダムのせいだけではない(堤防や護岸工事など)とはおもうが、

 

今回の被害が特例ということではなく

 

住民が必要、命に関わると考えられる地域には

 

つくったほうがいいのではないか。

 

 

ダムのはなし

ダムのはなし

 

 

 

続 ダムのはなし (はなしシリーズ)

続 ダムのはなし (はなしシリーズ)

 

 

きらぼし銀行

大雨災害がたいへんである。

 

160人以上の方が犠牲になった。

 

3.11以降最大の犠牲者である。

 

大雨というから、ああ雨が多いのかとおもうが

 

土砂災害や河川の氾濫やダムが決壊するといえば

 

いいのではないだろうか?そこまで事前にわかるか

 

どうかはわからないといわれればそうなのだが。

 

ところで寄付をしようと銀行にいったら

 

銀行が都民銀行からきらぼし銀行になっていた。

 

最近ほとんどいっていなかったので

 

いつのまにかきらぼし銀行に変わっていたのであった。

 

銀行の合併はよくある。三菱銀行東京三菱銀行になり

 

三菱東京UFJ銀行になり、三菱UFJ銀行である。

 

山口東京理科大学山陽小野田市立山口東京理科大学

 

(地名が4個はいっている。)

 

になったみたいである。銀行のほうが先か。

 

太陽神戸銀行太陽神戸三井銀行になりさくら銀行になり

 

さくら銀行住友銀行に合併され、三井銀行と合併して

 

三井住友銀行になった。

 

みずほ銀行も富士銀行と第一勧業銀行が合併してみずほ銀行になった。

 

りそな銀行大和銀行協和銀行あさひ銀行が合併してりそな銀行になった。

 

 とみん銀行もそうなってしまったのだろう。

 

この銀行には三田支店や芝支店ががない。そこは不便だった。

 

田町や三田からは病院内のATMしかなかった。

 

駅周辺にはりそな銀行みずほ銀行の支店もあるのだが。

 

今や紙の通帳も時代遅れであるが。

 

寄付しないとということで、寄付した。

 

銀行の職員が4億を着服して逃亡したというニュースがあったが

 

その職員がきらぼし銀行の職員だと知ったのはさっき(午後8時半ごろ)である。

 

何か先行きが不安である。だいじょうぶでしょうか。

 

 

銀行合併の波―銀行統合の経済要因と社会的帰結

銀行合併の波―銀行統合の経済要因と社会的帰結

  • 作者: ゲイリーディムスキ,Gary A. Dymski,井村進哉,松本朗
  • 出版社/メーカー: 日本経済評論社
  • 発売日: 2004/01
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

あと5年で銀行は半分以下になる

あと5年で銀行は半分以下になる